高層ビル

任意売却による返済

手の上に家の模型

負債の返済を行う際には、様々な方法があります。その中でも最終的な方法は任意売却です。任意売却を行う際には正しい知識を持たなければ損をしてしまうことが少なくありません。知識が重要です。

Read More

デザイナーズマンション

立ち並ぶビル

賃貸物件の中には、プロのデザイナーがデザインしたデザイナーズマンションが存在します。どのようなマンションなのか知ることや選ぶ上での注意点を知ることが重要になるのです。

Read More

賃貸の価格

白のスーツを着た女性が握手を求めている

賃貸物件を探す際には、一つの目安として賃貸価格を確認することが一般的です。賃貸価格の推移には特徴が存在します。どのような特徴を秘めているのか知ることが重要になるのです。

Read More

新品と中古

積み木の青い家の下に設計図

マンションを選ぶ際には、二つの選択肢が存在します。新品マンションを購入することと中古マンションを購入することです。両者の特徴について知ることが重要になるのです。

Read More

価値を知る

人形が握手している画像

不動産の売却には当該物件の相場を知る事がまず先決です。不動産の相場を知る事はそんなに容易いことではありません。 まず地価基準価格知る必要があります。地下基準価格は国土交通省が毎年二回公表する路線価を調べる事から始めます。路線価は相続等の際の税金計算の基礎となるものです。その価格は地価の凡そ8割となっていますから路線価から地価基準価格を知る事ができます。 不動産価格の相場は数値で単純に割り出されるものではありませんからその後最近の近隣売却事例、過去の売却事例と現在売り出し中の販売事例から土地価格の相場を割り出します。それに戸建てなら建物の残存価値を加えて任意売却の売り出し価格の参考とします。マンションは販売事例が基本となります。

任意売却物件の売り出しは例え自分で売り出し価格を決定できるとはいえ制約が多いものです。一般売り出し物件に比べて価格決定の自由さは限定されています。 制約の一番重要な要素が債務の額です。これら物件を評する際、売れるであろう価格よりローン残債が下であればアンダーローン、上であればオーバーローンとなります。 アンダーローンなら債権者との話し合いは必要がなく価格決定権は全くの自由と成ります。逆にオーバーローンですと債権者の同意がない限り任意売却は成立しません。 オーバーローンの場合は債権者に債権額の減額を求める事となります。債権者は本来的には全額返済を求めてますので競売で売れるであろう価格より安い価格での販売を許可すはずがありません。そこで裁判所の評価額が任意売却決定の基本と成ります。 裁判所の評価額はほぼ市価の東京で七割、他県で六割と見なされていますので売れそうな価格が評価額近くなら債権者は任意売却の同意はしません。

オーダーメイド住宅

白い一軒家

マイホームを建設する際には注文住宅を選択しましょう。最近の注文住宅では、ローコストで建設することができるものもあります。自身が思い描いたようにマイホームを建設できるのです。

Read More

オススメリンク